普通コース

  • 普通文系コース
  • 普通理系コース
  • 普通総合コース

私立大学・短大・専門学校の受験や就職に対応したコース。週5日制6時間授業で文部両道を目標とします。

普通コース

学力向上と人格形成で、
将来に役立つ力を身につける。

普通コースでは、
教科学習やクラブ活動、生徒会活動、
ボランティア活動などを通して、
学力とともに多様な方向の人間的成長をめざした教育を実践しています。
3年間の高校生活の中で、
何事にも一生懸命に取り組むことの大切さや
すばらしさを実体験することを通して、
将来に役立つ力を確実に身につけます。

普通コースの目標

  1. 桃李不言下自成蹊の体現
  2. 進路目標の実現
  3. 多様な活動による人間育成

進級時のコース

進級時のコース

1中堅私立大学から就職までと幅広い進路に対応

志望進路に幅広く対応

中堅私立大学の受験から短期大学・専門学校・就職まで
志望進路に幅広く対応します。

  • 朝学習の実施(各コースに適した内容で実施)
  • 長期休業中は課外を実施
  • 全国模試で実力のチェック(河合塾・ベネッセなど)
志望進路に幅広く対応

手帳を活用し自己管理能力を養う

文武両道を成就するためには自己管理能力を高めることが必要。
効率的な活用法を系統的に指導して自己管理に役立てます。

手帳を活用し自己管理能力を養う

Classiの導入

ICTによる学習支援のプラットフォームであるClassiの活用により、
入学から卒業まで継続的に教育活動、校外活動等の内容を蓄積し、ポートフォリオを作っていきます。

普通コースの時間割

普通コースの時間割

資格取得の奨励

  • 実用英語技能検定
  • 語彙・読解力検定
  • 日本漢字能力検定
  • 各種検定試験(簿記・情報処理・ワープロ等)
平成29年度 普通コース各種検定試験状況

資格取得を奨励し、受検者数も多いのでいくつかの各種検定試験を「準会場」または「会場」として、本校で受検できます。

・実用英語技能検定…準会場として受検した普通コース生徒合格者数
・実用英語技能検定…準会場として受検した普通コース生徒合格者数
・進研・朝日新聞社共催の語彙・読解力検定(28年度の取得状況・29年度は実施せず)
・進研・朝日新聞社共催の語彙・読解力検定(28年度の取得状況・29年度は実施せず)
・情報・商業関係検定試験合格者数
電卓実務検定試験
1級 4名/2級 14名/3級 24名
ビジネス文書実務検定試験
1級 10名/2級 25名/3級 51名
情報処理検定試験
1級 6名/2級 25名/3級 35名
簿記実務検定試験
2級 9名/3級 18名

英語力の強化

  • 英単語テストの実施
  • 『実用英語技能検定』受検の奨励
  • 海外研修旅行の実施
台湾研修旅行

4泊5日の台湾研修旅行で感じた文化や生活の雰囲気は日本とは180度違うのではないかと思えることがたくさんありました。会話に関しても、台湾で初めて教えてもらった言葉がおいしいという意味の「ハオツー」で、早速最初の食事で使ってみましたが、現地の人と話をして新しい言葉を知るたびに使ってみたりと、普段ではできないコミュニケーションの経験もできました。高校生との交流でも最初は緊張しましたが、できるだけ頑張って英語でコミュニケーションを取ってとても仲良くなれました。海外の文化に触れることで今まで以上に世界に目を向けることができ、さらには日本独自の文化に気付かされたりと視野が広がったと思います。機会があったらまた台湾に行きたいと思います。

普通文系コース3年村上 あすか(国見町立県北中学校)

台湾研修旅行

2豊かな人間性の養成

  • 生徒会活動(他コースと共に)
  • クラブ活動(文理選抜・普通)
  • 学校行事(他コースと共に)
  • コース行事
  • 学年行事
  • 海外研修旅行
  • 個別面談
豊かな人間性の養成
豊かな人間性の養成
豊かな人間性の養成
豊かな人間性の養成
豊かな人間性の養成
豊かな人間性の養成

3豊かな教養

  • 教育講演会
  • 進路ガイダンス
  • コース行事
  • 大学・キャンパス見学会
  • 先輩・卒業生講話
大学見学会

教育講演会

受験ガイダンス

進路ガイダンス

歴史探訪

歴史探訪

Voice新入生の声

関根 天斗

普通コース1年関根 天斗(福島市立福島第三中学校出身)

Q将来の進路希望は何ですか?
A将来はスポーツ関係の職業に就いてスポーツ選手のケアなどをして行きたいと思っています。
Q高校生活の目標は何ですか?
Aクラブ活動と学習の両立を徹底したいです。特にクラブ活動では東北大会に出場するという大きな目標があるのでその目標を達成させるためにも日々の練習に高い意識を持って取り組んでいきたいと思っています。
Qなぜ文理選抜コースを選びましたか?
Aクラブ活動をやりながら学習にしっかり取り組むことができるのは文理選抜コースだと思ったからです。
Q楽しみにしている行事は何ですか?
Aそれは合唱祭です。なぜなら、自分のクラスは先週参加したオリエンテーション合宿で行われた校歌コンクールで見事準優勝という成績を収めたのですが、あと少しのところで優勝を逃したので次は絶対に優勝したいからです。
Q高校生活のスタートで何か感じたことがありますか?
または、学校や先輩方の雰囲気などはどうですか?
A高校では、どんなことにもまず目標を立てることが大切だと感じました。それは、どんな苦手なことでも一つ一つの目標を達成させることが自分を成長させる最大の近道だと分かったからです。

Voice先輩の声

後藤 祐佳子

普通・普通コース3年後藤 祐佳子(福島市立清水中学校出身)

Qなぜこのコースを選びましたか?
A2年次から自分に合ったコースを選択できるのですが、その時期に保育士という夢があって専門学校に進学することを考えていたからです。また、高校卒業後の就職にも対応している選択授業などもあるからです。
Q学校での生活はどうですか?
Aこのコースは運動部の生徒が多く、また、ノリがいい人や話をすることが好きな人もたくさんいて毎日が楽しいです。
Q高校生活で成長したことは何ですか?
A選択授業の情報や簿記をとることで全商簿記やビジネス文書検定、情報処理検定の資格に挑戦して取得することができたことです。
Q勉強や生活で工夫していることは何ですか?
A勉強で工夫していることは暗記系では何回も声に出して教科書を読むことです。あとは問題集やプリントを何回も繰り返し解いています。生活面で特に工夫していることはありませんが、話すことが好きなので友達とたくさん話して楽しかったことがあれば家に帰って家族に伝えています。
Q後輩へのアドバイスは?
A・ コース選択について クラブ活動もしっかりやって両立したい、進路のために資格をたくさん取得したいと思う人にはお勧めします。大学進学を考えている人は他のコースとの違い、そして普通コースの中の2年次からの3つのコースの特徴も良く考えて、親ともしっかり話して選択した方が良いと思います。 ・ 高校生活について 初めは中学校に戻りたいと思った時もありましたが、今は毎日が楽しくて学校に行くのが好きになりました。毎日充実して高校生活を送れているのは家族と先生や友達がいるからだと思います。家族に「高校の友達は一生のもの」とよく言われるのですがその通りで、高校生活を送っていく中で本当に大切な存在です。一緒にお弁当を食べたりくだらないことで笑ったりする中で良い友達をたくさん作って下さい。
top
TOP