教育の特色 教育の特色

新学力観に対応した総合カリキュラム

中高一貫教育の最大のメリットは6年後を見据えた統一カリキュラムにより継続的、効率的に学習できる点にあります。本校の総合カリキュラムは6年間の計画的学習の中で、新しい大学入試や次世代に必要とされる力を着実に身に付けるように作られています。

年間1500時間の学習量

新学力観の大前提として、知識・技能の習得が求められていることはこれまでと変わりはありません。本校では中学1年次から7時間授業を行い、土曜日も授業を実施します。文部科学省の定める学習指導要領では中学校年間最低授業時数を1,015時間としていますが、本校ではその1.5倍にあたる年間1,500時間の学習を行います。基礎学力を身に付けるための最高の環境があります。

「授業」+「補講」+「課外」でサポートする「学習指導サイクル」

「授業」+「補講」+「課外」でサポートする「学習指導サイクル」
学習合宿

生活力と精神力を鍛え、困難から逃げない気概を作るため、中高合同で年2回実施。
【春季】3泊4日
【夏季】4泊5日
【高校3年センター試験直前合宿】3泊4日

校外模試

全国のライバルたちと切磋琢磨して、自分の実力を確かめる。
【中1・中2・中3】

  • 学力推移調査(ベネッセ)
  • 中学校総合学力調査(ベネッセ)
  • TOEFL Primary

【高1・高2・高3】

  • 進研模試(ベネッセ)
  • 駿台全国模試(駿台予備校)
  • 全統模試(河合塾)
  • 各種オープン模試(東京大学、東北大学など)

6年間の学習時間は公立高校の8年分に匹敵!

主要 5 教科における公立校との実授業時間比較

中学校
高等学校 文系
高等学校理系

本校の学習時間は「授業時間」と「放課後補講」を合わせた時間です。長期休業中の課外は含まれていません。

中学校は、授業時間数を単位(1週間あたりの授業時数)に換算してあります。

「教科」は、中学校と高校では名称が変更になったり、また科目に分かれますが、ここでは該当科目の合計として計算してあります。

キャリア教育

自己実現に向けて努力できる人間形成をめざします

中学・高校時代に形成された職業観・人生観はその後の人生設計に大きく反映されます。本校のキャリア教育では「自分とは何か」を起点に「他者」「社会」へと視野を広げ、多様な職業観や人生観を育む過程の中で、生徒は主体性・多様性・協働性を身に付けていきます。6年という時間をかけて「自ら学び考え、他者や社会のために貢献できる意志と力を備えた人間」の育成を目指します。

キャリア教育

生徒の声

中学3年

根本 思織さん

(福島市立福島第三小学校出身)

根本 思織さん

「『自分史』に取り組んで」

自分史を作る目的は、過去や未来の自分を見つめることで、理想の自分に近づくためには今何をしなければならないのかを見つけることでした。普段は気にすることのない「自分」について深く考えるよい機会となりました。

大学見学研修会

主体的学習の原動力

大学見学を通し、それまでイメージにすぎなかった大学を、生徒は実際の存在として認識します。直接大学に訪れることで生まれる「この大学に入学したい」という前向きな思いは、学習の大きな原動力となります。

中学3年
福島大学、福島県立医科大学
高校1年
東京大学オープンスクール参加(1泊2日)
高校2年
東北大学オープンキャンパス参加
福島県立医科大学

福島県立医科大学

福島大学

福島大学

プレゼンテーション能力の向上

社会生活の基礎となるコミュニケーションの力

新学力観にあげられている思考力・判断力・表現力を最も端的に表すのは「プレゼンテーション能力」であり、現代の社会では不可欠なものとなっています。本校では中学校課程でプレゼンテーションの機会を多く設定し、基礎学力の一つとして育んでいます。一人ひとりが主体的に考え、討論し、発表する活動を、タブレットやプレゼンテーションソフトの活用も含め、行っています。

中学1年
  • 尾瀬調べ発表会
  • 弁論大会
中学2年
  • 職業・大学調べ発表会
  • 自分史発表会
  • 弁論大会
中学3年
  • 職場体験発表会
  • カナダ研修旅行事前学習発表会
  • ディベート大会
  • セントアンドリュース校での学校・
    日本文化紹介(英語)
プレゼンテーション能力の向上

部活動

自主的な活動の大切さ

中学校課程では週3回、全員加入の部活動を行います。短い時間で効果的に活動するにはどうすればよいのかを考えながら、生徒が中心になって主体的に活動しています。

中学校部活動
  • 総合運動部
  • 吹奏楽部
  • 総合探究部
  • 茶道部
  • 卓球部
部活動

自学自習・補講

自学・自律・自立を支援

部活動のない日は75分、学習合宿では夜に3時間の自学自習時間があります。一人では苦しい時間ですが、皆が真剣に取り組む空間では、無理なく集中して学習することができ、教わったことを理解する喜びや、さらには自ら学ぶ喜びを経験的に知っていきます。高校課程の補講ではレベル別の講座や学年の枠を超えた共通講座を実施。この時間には補講以外にも自分のペースに合わせて学習することも選択できます。補講終了後は午後8時まで学校を開放しており、自習や質問などをすることができます。

自学自習・補講
自学自習時間

生徒の声

高校3年

松本 尚輝さん

(福島市立瀬上小学校出身)

松本 尚輝さん

「高校補講の利点」

昨年、補講制度が新しくなり、3つの利点を感じました。1つ目は学年縦割りなので先輩や後輩から刺激を受けること。2つ目は習熟度別なので学習の効率が良い点。3つ目は自分の意志で講座を選択したり自習を取り入れたりするので、学習への自主性・主体性が高まることです。

アクティブ・ラーニングの推進、充実

現在、進行している教育改革の重要な柱の一つに「アクティブ・ラーニング(能動的学修)の充実」があります。新しい教育観である「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」は講義型の授業で身に付けることは難しいためです。

ラーニングピラミッド

ラーニングピラミッド

ICTが促進するアクティブ・ラーニング

アクティブ・ラーニング推進のためのICT(情報通信技術)の重要性はもはや常識となりつつあります。本校では校舎全体をWi-Fi(無線でのインターネット接続)環境としたことで、全ての教室やスペースで1人1台のタブレット(i-pad)を使用した活動を行うことができます。

「教育におけるICTの活用は、子供たちの学習への興味・関心を高め、分かりやすい授業や子供たちの主体的・協働的な学び(いわゆる「アクティブ・ラーニング」)を実現する上で効果的であり、確かな学力の育成に資するものです。」「子供たちの『確かな学力』を育成するためには、分かりやすい授業を実現することが必要であり、その指導方法の一つとして、教員がICTを効果的に活用した授業を展開することが重要となっています。」

(「平成26年度文部科学白書」より)

一斉学習

本校での実践例❶ 中学校3年 英語
一つの文の中に過去形と過去完了形がどのように組み込まれているかそれぞれ別の色を付けて示し、さらに、この2つの時制がどのような関係にあるかを図式で示すことによって、視覚イメージとして分かりやすく理解を促しました。

一斉学習
個別学習

本校での実践例❷ 中学校2年 総合学習(職業調べ)
キャリア教育の一環として、生徒一人ひとりが興味のある職業についてインターネットを活用しながら調べ学習を行いました。
調べた結果は、タブレット上のソフト(Power Point)にまとめ、クラスメイト内だけでなく後輩にもプレゼンテーションしました。

個別学習
協働学習

本校での実践例❸ 中学校2年
社会各自のタブレットに示された、電力供給源を示した4つの円グラフがそれぞれどの国にあたるかを選択しその理由を書き込みました。各人の答えを自分のタブレットで見ることができ、また、前方のスクリーンにも映し出され、一人ひとりが自分の考えと友人の考えを比較しながら意見交換をしました。

協働学習

生徒の声

中学2年

石川 歩さん

(福島市立福島第四小学校出身)

石川 歩さん

「ICTの活用」

総合の時間に取り組んだ職業調べ学習ではICTをたいへん活用しました。おもしろかったのは、タブレットを使うと、ひとつの職業を調べるとその職業に関わっている別の職業が分かることです。それまで自分の知らなかった職業を知ることができ、知識が広がりました。

ルーブリックとSANZO

ルーブリックとは学習到達状況を評価するための評価基準のことです。特に、ぺーパーテストで評価しにくい「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」のような、いわば、目に見えない力を可視化するために用いられます。アクティブ・ラーニングの効果を上げるためには、どのようなルーブリックを作るかが重要になります。
平成24年より、予備校講師で教育研究者でもある宇野正明先生と本校との共同研究が開始されました。先生ご自身の指導経験から「学習方法の質の違いが成績を大きく左右している」ことに着目し、学習のレベルを3つに分類しました。学力を上げるためにはどんなことを意識し、何ができればよいのかを具体的に示したこの理論は「増・蔵・造」の3つの「ぞう」から「SANZOプロジェクト」と名付けられました。最初は本校の教育の特徴である行事・体験学習の効果を目に見えるものにするための「SANZOルーブリック」が作成され、現在は当初の目的であった学習対応のSANZOルーブリックも整備されています。

ルーブリックとSANZOルーブリックとSANZO
SANZOプロジェクト

ルーブリック表の例

ルーブリック表の例

生徒の声

中学3年

佐藤 羽彩さん

(二本松市立二本松北小学校出身)

佐藤 羽彩さん

「ルーブリック表の活用」

成蹊では生活の記録や行事のしおりにルーブリック表があり、達成すべき目標が示されています。私は行事の前にこのルーブリック表を必ず読みます。目標を確認することで、常に考えて行動できるようになり、また、自分が決めた目標も意識するようになりました。行事の後には成長が実感できます。

リベラルアーツ教育の促進

グローバル社会の中では、民族も宗教も違う人たちが「自分の考えは正しい」と信じて争っています。そこでは「ひとつの正解」よりも「多様性の理解」がとても大切になります。リベラルアーツは自分を多様な世界へと解き放つ入口となります。リベラルアーツを咀嚼し、自分のものとして消化することで広い視野や独自の視点を獲得し、人生がより深く意義のあるものとなる、それこそが「生きる力」と言えるのではないでしょうか。

読書

前期教育期間(中学1・2年)では毎朝30分の読書を行っており、100冊の推奨図書を定めています。これらは「伝記」「自然科学」「社会科学」「人文科学」「読み物」の5つの分野から成り、まんべんなくさまざまな世界への興味関心を拓いていきます。

読書

生徒の声

中学3年

敷井 笙さん

(郡山市立大島小学校出身)

敷井 笙さん

「朝読書」

毎日30分の朝読書では、学校推薦の100冊の本を読みます。私は普段から読書が好きなのですが、100冊の中には哲学や伝記など、自分からは読まないようなジャンルの本があるので、さまざまな知識を得ることができます。この時間は静かで、集中して本を読むので、集中力も身につきました。

茶道教育

国際社会においては異文化を理解することはもちろん、自文化を伝えていくことも大切です。本校では裏千家助教授を講師に、敷地内の茶室「自蹊庵」にて6年間、茶道教育を実施し伝統文化継承の意識と礼儀作法を学びます。

茶道教育

芸術・文化体験

芸術・文化体験のために大切なのは「本物」に触れることです。本物から受け取る感動の大きさは他のものとは全く違います。それを見て何を感じるのか?どんな想像が膨らむのか?色々な感情が芽生えるなかで、今まで知識として知っていたことが、経験として結びつき、単なる知識が知恵になっていきます。

福島県立美術館での芸術鑑賞

美術館主催の催し物の鑑賞。学芸員と連携し充実したプログラムを作成。

福島県立美術館での芸術鑑賞
福島市音楽堂での音楽鑑賞

音楽堂主催のコンサート鑑賞。6年間を通したプログラムで音楽の世界の広がりと深さを体験。

福島市音楽堂での音楽鑑賞
首都圏等の施設での研修

東京大学オープンキャンパス参加時に「国立東京博物館」「江戸東京博物館」を見学。

首都圏等の施設での研修

東北大学オープンキャンパス参加時に「仙台市博物館」「宮城県美術館」を見学。

首都圏等の施設での研修
世界遺産等での研修

カナダ研修旅行(中3)時に「ロイヤルBC博物館」を訪問。カンボジア・ベトナム研修旅行(高2)時に「アンコールワット」(カンボジア)などの遺跡見学。また、「戦争証跡博物館」(ベトナム)見学。

世界遺産等での研修

講演会

社会で活躍、成功されている方の講演を聞くことは、生徒一人ひとりの意識や考え方、ものの見方に大きな影響を与えてくれます。昨年度はHBSとの交流も視野に入れて、「医療」をテーマに系統的な講演会を行いました。

講演会

平成29年度実施

7/19 「日本の医療の現状等のガイダンス」 (横浜市立病院緩和ケア内科医師 横山太郎先生)
9/30 「被災地福島における医療介護問題」 (医療法人養高会高野病院理事長 高野己保先生)
「超高齢化社会を支える在宅医療とは」 (横浜市立大学医学部医学教育学総合診療医学 袴田智伸先生)
11/25 「有機化学 炭素の化学」 (福島大学共生システム理工学類准教授 高安徹先生)
12/9 「超高齢化社会を変えるイノベーション」 (東北大学未来科学技術共同研究センター長 長谷川史彦先生)
2/26 「医療の入り口と小児病院の連携」 (埼玉県立小児医療センター 松浦隆樹先生)
top
TOP