学校行事 学校行事

豊富な行事・体験学習

6年間で67泊91日の宿泊行事

人間的成長には自分自身の経験が不可欠であることは言うまでもありません。本校では中学校課程の3年間で36泊50日、高校課程の3年間で31泊41日の宿泊行事があります。宿泊以外も含め、さまざまな鍛練的、運動的、文化的、探究的行事を通して、生徒は多くの経験を積み上げていきます。なかには失敗もありますが、そのときに、何がいけなかったのか、どうすれば良かったのかを深く考えることで主体的な姿勢が生まれ、友人と協働して困難を乗り越えることで大きな達成感を得ていきます。

中学校と高校の合同行事

中学校と高校の合同行事も中高一貫教育の強みです。学年を越えたつながりの中で、後輩は先輩の姿を通して自分の将来を見ることができ、また、先輩は後輩の模範としての自覚から、それぞれが大きく成長していきます。それぞれの経験をICT(タブレット等を用いた情報通信技術)を活用して記録に残していく(=e-ポートフォリオ)ことで、自己の成長を振り返ることを可能にし、大きな成果へとつなげていきます。

4月
4月
  • 中高一貫対面式[中1~高3]
  • オリエンテーション合宿[中1]
    (2泊3日)
5月
5月
  • スポーツ大会[中1~3]
  • 強歩[中1~高3]
6月
5月
  • 大学見学研修会[中3]
  • 学校茶道[中1~高3]
7月
7月
  • 臨海教室[中1](2泊3日)
  • 職場体験[中3](5日間)
  • 東京地区大学ガイダンス[高1~3]
8月
8月
  • 登山[中3~高3]
    (安達太良山、磐梯山など)
  • 学習合宿[中1~高3]
  • 立志式[中1~3]
  • 東北大オープンキャンパス[高2]
  • 東京大オープンスクール[高1]
9月
9月
  • 尾瀬学習・燧ケ岳登山[中1]
    (2泊3日)
  • 受験ガイダンス[高3]
  • 合唱祭・桃李祭[中1~高3]
    ※1年おきに実施
  • 林間教室[中2](1泊2日)
10月
10月
  • 校内競技大会[中1~高3]
  • 芸術鑑賞教室[中1~高3]
  • 学校茶道[中1~高3]
11月
11月
  • 海外研修旅行[高2](5泊7日)
12月
12月
  • 弁論・ディベート大会[中1~3]
  • センター試験対策合宿[高3]
  • スポーツ大会[中1~3]
1月
1月
  • センター試験激励会[中1~高3]
2月
11月
  • スキー教室[中1・2・高1]
  • 海外研修旅行事前発表会[中1~3]
3月
3月
  • 海外研修旅行[中3](7泊9日)
  • 海外研修旅行報告会[中3]
  • 教育講演会[高1~2]
  • 学習合宿[中1~高2]
  • 受験報告会[中1~高3]

強歩中1~高3

鍛練することで、助け合い・思いやり・達成感を得る。

中1から高3まで縦割りのグループで30km余りの距離を歩きます。先輩は後輩を思いやり励まし、後輩は先輩の助けを借りながら自分の限界に挑戦していきます。

強歩

臨海教室中1

生態系の観察、自然の中のレクリエーションを通して、集団生活をする。

泳力訓練やレスキュー体験など海岸での活動を楽しみながら、集団の中での自分の役割や助け合いの心を学びます。また、生態系の観察を通して自然の中での人間のあり方を考える機会ともなります。

臨海教室

学習合宿中1~高3

学ぶことに対する意識付けをし、刻苦勉励・自分との戦いを実践する。

起床から就寝まで学習中心の生活をします。普段より長い授業時間や夜間の自学自習は、じっくりと深く学習に取り組むことができ、自分の限界を押し上げるきっかけとなります。

学習合宿

立志式中1~3

志を持つ意義を理解し、自分自身を律する。

中学3年生が高校課程へ進む時期に、教員、下級生、保護者立会いのもと、これからの自分のあり方について述べます。社会でどのように貢献する人間となるのか、そのために今、何をするのかを深く考える大切な機会となります。

立志式

尾瀬学習・燧ケ岳登山中1

忍耐力・自己責任・助け合い・郷土愛・達成感を得る。

尾瀬沼の山小屋に宿泊し、東北最高峰の燧ケ岳登山や星座観測を行います。一歩一歩が大きな目標へとつながることを体感することで、困難に負けない強い心と仲間と協力することの大切さを学びます。

尾瀬登山

林間教室中2

自然の中で活動し、生きる力を鍛える。

林間教室ではテント設置や自炊を経験するとともに、登山、沢のぼり、星座観測などを行います。自然の中で「生きる力」を鍛え、自然を愛する心を養うことを目的として実施します。

林間教室

スキー教室中1・中2・高1

集団生活でウインタースポーツに親しむ。

東北の魅力の一つであるウインタースポーツに親しみながら、スキー技術の向上をめざします。また、スキーリゾーターとしての態度やマナー、環境論についても学習します。

スキー教室

生徒の声

中学1年

佐藤 琉世さん

(相馬市立中村第一小学校出身)

佐藤 琉世さん

「オリエンテーション合宿」

ぼくは合宿に行く前から目標を立てて学習し、英単語と数学では満点を取ることができましたが、ほかの教科では取ることができず残念でした。合宿中にはノーベル賞を取った大村智先生の講演会にも参加することができ、努力の大切さをあらためて実感しました。

top
TOP