理事長挨拶

福島成蹊百年の歩みを大切にしながら

理事長 高橋 幸七

学校法人福島成蹊学園は、大正2年(1913年)に福島成蹊女学校として福島の地に産声をあげて以来、幾多の変遷を経た中にも、校訓「桃李不言下自成蹊(司馬遷「史記」より)」の教えは変わることなく、これまで卒業生約二万六千名を輩出してまいりました。
平成21年4月には、それまで運営の高等学校に加えて中学校を開設し、中高一貫制度を導入するに至りました。中高一貫制度は、中学校と高等学校をただ単に繋げるだけでなく、六年間の継続した教育指導によって、生徒の個性や能力の伸長が一層期待出来ること、中学校から高校生までの幅広い年齢集団による学校生活により、社会性や豊かな人間性を育成出来ることにあります。
より具体的に触れれば、六年後の難関大学受験をしっかりと視野に入れ、系統的、効率的かつ充実した教育プログラム「首都圏型中高一貫教育」の中で、個性豊かで高学力を備え地域にそして社会に貢献出来る人材を育んでまいります。
役員・教職員一同は、成蹊百年の歩みを大切にしながら、次代に向かって常に改革の精神をもって新しい教育の在り方を追求し続けます。
関係の皆様や地域の皆様の一層のご支援をお願い申し上げます。
また、東日本大震災被災後の福島復興の要となるべき人材輩出という重要な役割を担う教育機関の責務を充分理解し、諸事取り組んでまいりますので、全国の皆様のご支援も併せてお願い申し上げます。

学校長挨拶

ここには本当の出会いがある。

福島成蹊中学校・高等学校 校長 本田 哲朗

西洋の歴史をたどると必ず「錬金術」の話がのっています。これは鉛などの賤金属を「金」に変えようと何世紀も努力した事実なのですが、結局このもくろみは成功しませんでした。しかし、「ひと」は金属とは異なり、“環境と努力”によって鉛が金に代わる以上に成長できる存在なのです。私たちはこの可能性を信じ、必要なモノを『中高一貫教育プログラム』として用意しました。
現代は科学技術の予想を超えた進歩の中で、次代の予測が不可能とも言われています。その事を背景として、昨今、教育改革が叫ばれていますが、私は『成蹊の教育』に時代が追いついてきたと認識しています。なぜなら、私たちのプログラムの中にはすでに“現代に求められている新しい教育観”が実践として含まれているからです。たとえば、気付きの機会でもある多種多様な行事、理解に不可欠な充実の学習時間など、すでに成果として表れています。そして新たに「リベラルアーツ充実プログラム」がスタートします。
本校には物事に真摯に取り組む者だけが経験できる出会いがあります。私はここで『人類の幸福と福祉のために、地球規模の問題解決能力を備えた“こころ”ある人材』を育てたいと思っております。

top
TOP