学校法人 福島成蹊学園 学校法人 福島成蹊学園

HOME

教育の特色

コース紹介

文理選抜コース

教育の特色
Feature of education

コース紹介
Course introduction

文理選抜コース 文理選抜コース

文理選抜コース 2年次3年次

クラブ活動と勉学の両立を図り、
国公立大学合格という目標を実現。

社会の一員として生きていくうえで求められる力、
それは「自分で問題を発見し、解決に向けて努力する力」です。
文理選抜コースでは、国公立大学合格という目標の達成に向けたカリキュラムや学習サポートを用意、さらに、クラブ活動への積極的な取り組みと勉学との両立を図ることを通して、人間として大きな成長=生きる力の獲得をめざします。

厳しく、かつ優しく愛情を持って育てる

学習はもちろんクラブ活動や学校行事、ボランティア活動などにも全力で取り組む高い志を持ち、地方国公立大学への現役合格をめざす生徒たちが集う文理選抜コース。果敢に挑戦し、真摯に努力し、お互いに励まし合う。そんな彼らを支える環境を整え、実現に向けて応援するための努力を私たちは惜しみません。成蹊高校は、自ら求めれば、求めただけのものを必ず得られる場所。輝かしく充実した時間を望む人は、ぜひ成蹊高校を選んでください。

文理選抜コース部長
大山 里美
[担当教科/国語]

常に目標を持って充実の高校生活を

国公立大学を目指しつつ、クラブ活動も一生懸命頑張れる自分に合っている文理選抜コース。入学してからの印象は、頑張る人達を全力で手厚くサポートしてくれるところで、勉強もクラブ活動も先生方の熱量がとても高く感じます。目標は国公立大学に進学して動物の生態について詳しく学び、将来は動物にかかわる職業に就きたいと思っています。

文理選抜理系コース2年
鈴木 穂乃香
[福島市立第一中学校出身]

POINT 01 新学力観に向けて
探究学習の充実

▶自ら課題を見つけて探究する姿勢を養う

▶課題の探究、解決を通して育成を目指す。具体的な資質、能力の目標を設定する

POINT 02 バランスのとれた学校生活で
実践力を高める

▶週5日制7時間授業

繰り返しの確認テストなどで学習内容と習慣の定着を図る

国公立大学に現役合格するための必要科目をまんべんなく学習

▶鍛錬学習会

3年生は大学合格に向けて放課後、文系は国英社、
理系は英数理の強化学習会を行っています

POINT 03 充実したカリキュラムにより
総合力を高め、実績向上をめざす!

▶文理選抜コースの時間割

国公立大学に現役合格するための必要科目をまんべんなく学習

▶アクティブなクラブ活動

多数のクラブ活動があります。
ボランティア活動に参加している生徒もいます。

  • 国際理解探究学習講演会

    「ようこそ!マレーシアの魅力発見の旅へ」 中鉢 紀子先生

    研修旅行に向けてマレーシアを知り、探究テーマを模索する機会とし、異文化を理解し国際理解を深める素地を作ることを目的として実施。
  • 国際理解探究学習講演会
  • 福島フィールドワーク

    市内にある歴史の跡を訪問することで、地元への理解を深め、また、歴史の伝道者としての意識を高めることを目的としています。今後は、さらにコースごとの特徴を活かす方向で検討しています。
  • 福島フィールドワーク

CROSS TALK Q&A

  • Q
    ▶ クラブ活動が本格的に始まると忙しくなりますが、テスト前の学習はどのようなことをしていますか?

    文理選抜コース1年
    武田 まゆ
    [福島市立北信中学校出身]

  • Q
    ▶ 休み時間、友人と遊ぶか勉強するか悩みます。学校生活はどのようにメリハリをつけていますか?

    文理選抜コース1年
    小椋 勝也
    [福島大学附属中学校出身]


  • A
    テストだからと特別頑張ることをせず、毎日の授業に真剣に取り組み、分からない部分をなくしておこう。学校は学習の場なので、友人とのおしゃべりは控えめに。その分行事でみんなと楽しんでいます。

    文理選抜理系コース2年
    鈴木 穂乃香
    [福島市立福島第一中学校出身]