学校法人 福島成蹊学園 学校法人 福島成蹊学園

HOME

進路指導

卒業生の声

進路指導

卒業生の声
OB & OG voice

プロフェッショナルとして躍進する先輩達

加藤 優一 写真

川崎市立多摩病院
加藤 優一さん
[福島市立蓬莱中学校出身]

忍耐力と集中力、そして考える力を培う

総合診療内科の医師として診療にあたる毎日ですが、医師になるまでの険しい道を支えてくれたのは、高校生活で培った忍耐力と集中力でした。また、患者さんひとりひとりに対して最適な解決策を探る上で、やはり高校で得た「考える力」が役立っています。今後の目標は、クリニックを開業し地域医療を支える存在になること。野口英世の「志を得ざれば再び此地を踏まず」という言葉のように、志を高く持ってください。成蹊高校の先生方は、夢を追いかける皆さんを全力でサポートしてくれます。

特別進学理系コース 平成22年度卒業

進学先/獨協医科大学医学部

八巻 雄飛さん 写真

SGホールディングス
八巻 雄飛さん
[伊達市立梁川中学校出身]

自分の可能性を広げる3年間を大切に

高校で勉強や部活動に勤しむ3年間は、自分の可能性を広げる大切な時間。夢や目標を持ち、一日一日を大切に努力することが肝心です。文化祭などの学校行事でクラスの仲間と協力して何かを成し遂げた達成感や、部活動で学んだ正しい努力をすることの大切さ。それらの経験は、陸上の実業団チームに所属し、日々練習に励む現在の自分にも大いに役立っています。今後はマラソンやニューイヤー駅伝での活躍を目標に、応援してくださる方々の期待に応えられるよう、がんばっていきたいと思います。

普通文系コース 平成25年度卒業

進学先/国士舘大学体育学部

桂 彩矢香さん 写真

福島市
健康福祉部 保健所健康推進課 感染症対策係

桂 彩矢香さん
[伊達市立桃陵中学校出身]

たくさんの素敵な出逢いと発見を成長に繋げて

高校生活は、勉強に部活、友達と、心身ともに成長できた充実の3年間でした。大学で専門的な勉強がしたい、という私の強い希望をバックアップしてくださった先生方の、「継続は力なり」「愚直」という言葉は今でも強く印象に残っています。また、学業や部活動を通し計画性や継続性を学ぶことができました。保健師として感染症対策や予防、蔓延防止に勤しむ現在も、目標を実現させるために具体的に何が必要かアセスメントし、主体的に実行とフィードバックを丁寧に行うよう心がけています。

普通文理国公立理系コース 平成25年度卒業

進学先/山形県立保健医療大学保健医療学部看護学科

大橋 真冬さん 写真

福島県立医科大学附属病院
大橋 真冬さん
[伊達市立桃陵中学校出身]

努力し乗り越えたことは、必ず役に立つ

どちらかといえばあまり勉強好きではなかった私にとって、大学進学を目標とする勉強には当然、苦戦。特に英語が苦手でしたが、2年次・3年次の担任の先生が英語担当で、英語を学ぶ楽しさを私に教えてくれたため、気づけば英語が大好きになっていました。目標を明確に意識することと、努力の大切さ。それが、看護師として働く現在の自分にとっても重要。活き活きと働きながら、患者さんたちに笑顔や安心感を与えることができるようなスキルアップや知識向上に繋げていきたいと思います。

普通文系コース 平成24年度卒業

進学先/群馬医療福祉大学看護学部

学びを磨き未来を拓く先輩達

石田 洸さん 写真

一橋大学商学部
石田 洸さん
[福島市立福島第二中学校出身]

高校は得意分野を飛躍的に伸ばす成長の時代

高校時代、担当以外の先生方にも熱心に教えて戴き学んだ英語は、「誰にも負けない」と自負できるほどに。大学でも、ネイティヴの方とも自信を持って会話が楽しめています。現在は経営戦略やマーケティングを学んでいますが、高校で身につけた「勉強する習慣」が大いに役立っています。

特別進学文系コース 平成27年度卒業

羽田 善光さん 写真

会津大学コンピュータ理工学部
羽田 善光さん
[川俣町立川俣中学校出身]

高校で学ぶ基礎こそが、すべての未来の糧に

研究や職の現場で実装される専門ツールを使った回路設計が現在のテーマ。数学や物理といった基礎を高校時代にしっかり学べたことが、大学基礎科目の理解度の高さに繋がっています。ユニークな先生方が多く、授業でも部活動でも丁寧かつ要点の明確な指導が受けられたのが印象深いです。

普通文理国公立理系コース 平成27年度卒業

津田 雅さん 写真

東京女子大学現代教養学部人文学科
津田 雅さん
[伊達市立桃陵中学校出身]

こつこつとした積み重ねの努力こそが大切

1年次に書記、2年次に副会長を務めた生徒会活動で、裏方として各行事に取り組んだことが現在の糧になっています。調査と考察を重ねて作成した日本史演習のレポートも、自分の視野を広げるいい経験に。幅広い進路が望めるこの学校で、自分の進むべき未来をじっくり探してください。

普通文系コース 平成30年度卒業

職場としての福島成蹊

穴澤 あすか先生 写真

福島成蹊高等学校教員
穴澤 あすか先生
[福島市立西根中学校出身]

何かを必死にやることは、必ず自分の財産に

必死に学習に打ち込むことで、人生が180度変わった高校生活でした。先生方はいつも生徒と本気で向き合っていて、在学中はそれが当然だと思っていたけれど、自分が教師になって初めて「生徒を何よりも大切に思っているからなんだ」と気付くことに。私を強く前向きに変えてくれた成蹊で、生徒に夢や希望を与えられる教師を目指しています。

特別進学理系コース 平成18年度卒業

東京女子大学現代教養学部数理科学科卒業

唯木 祐人先生 写真

福島成蹊高等学校教員
唯木 祐人先生
[福島市立信夫中学校出身]

今やるべきことを見失わず、日々を大切に

朝のテストに始まり夜の自習に終わる学習合宿。各科目への理解度も級友との友情も、とても深まった経験でした。先生方が毎回の授業にどれだけ準備し、生徒に心を掛けていてくださったか、教師になって改めて思い知ります。かつてお世話になった先生方が、今は先輩・上司として自分を温かく見守り、指導してくださることが本当に心強いです。

特別進学文系コース 平成21年度卒業

明治学院大学文学部英文学科卒業