福島成蹊中学校・高等学校 福島成蹊中学校・高等学校

HOME

教育内容

教育の特色

教育内容

1.新学力観に対応した総合カリキュラム「年間1,500時間の学習量」

基礎学力を身に付けるための最高の環境。

新学力観の大前提として、知識・技能の習得が求められていることはこれまでと変わりはありません。本校では中学1年次から7時間授業を行い、土曜日も授業を実施します。文部科学省の定める学習指導要領では中学校年間最低授業時数を1,015時間としていますが、本校ではその1.5倍にあたる年間1,500時間の学習を行います。

「授業」+「補講」+「課外」でサポートする「学習指導サイクル」

学習合宿 生活力と精神力を鍛え、困難から逃げない気概を作るため、中高合同で年2回実施。
  • 【春季】3泊4日
  • 【夏季】4泊5日
  • 【高校3年大学入学共通テスト直前合宿】3泊4日
校外模試 全国のライバルたちと切磋琢磨して、自分の実力を確かめる。
  • 【中1・中2・中3】
    • 学力推移調査(ベネッセ)
    • TOEFL Primary
    • 駿台学力テスト(中1・中2)
    • 駿台全国模試(中3)
  • 【高1・高2・高3】
    • 進研模試(ベネッセ)
    • GTEC(ベネッセ)
    • 駿台全国模試(駿台予備校)
    • 全統模試(河合塾)
    • 各種オープン模試(東京大学、東北大学など)

6年間の学習時間は公立高校の8年分に匹敵!

主要5教科における公立校との実授業時間比較

  • 中学校
  • 高等学校 文系
  • 高等学校 理系

※本校の学習時間は「授業時間」と「放課後補講」を合わせた時間です。長期休業中の課外は含まれていません。
※中学校は、授業時間数を単位(1週間あたりの授業時数)に換算してあります。
※「教科」は、中学校と高校では名称が変更になったり、また科目に分かれますが、ここでは該当科目の合計として計算してあります。

学力、そして人間力を伸ばす それが福島成蹊中高一貫コースです。

中高一貫教育の最大のメリットは6年後を見据えた統合カリキュラムにより継続的、効率的に学習できる点にあります。
大学入試改革の基本となる新学力観では、これまでの知識・技能の習得はそのままに、加えて、多様な能力や人間としての成長が求められています。
通常、中学校の目標は高校入試ですから、高校入学後に3年間でこういった力を身に付けるには大きな負担がかかります。
本校の総合カリキュラムは6年間の計画的学習の中で、新しい大学入試や次世代に必要とされる力を着実に身に付けるように作られています。

2.学ぶチカラを養う「6カ年3段階プログラム」

発達段階を生かした指導

 小学校4年生から放課後や休日には学習塾に通う首都圏と異なり、成蹊中に入学する生徒のほとんどは普通の小学校で学び、放課後や休日は友人と遊んだり家族と過ごしたり、のびのびと生活してきた子どもたちです。しかし、そんな子どもたちが中学校・高校の6年間で、入学時には想像しなかったような自己実現を果たします。中学から高校にかけての期間は青年期の前半にあたり、人間が身体的、心理的、社会的に大きく成長する時期です。
本校では発達過程に合わせて6年間を3つの段階に分けています。中学1・2年の前期教育期間で価値観や生活習慣をしっかりと身に付けることで人間としての「土台」を作り、そこから中期、後期教育期間と経験値を高めていくことで、受験や社会に出てからの困難に立ち向かうことのできる精神力、生活力を養います。

  • 朝読書のススメ

    前期教育期間(中学1・2年)では毎朝30分の読書を行っており、100冊の推奨図書を定めています。これらは「伝記」「自然科学」「社会科学」「人文科学」「読み物」の5つの分野から成り、多くの世界へ興味関心を拓きます。

  • プレゼンテーション能力の向上

    社会生活の基礎となるコミュニケーション力を磨くために、本校では中学校課程でプレゼンテーションの機会を多く設定し、基礎学力の一つとして育んでいます。一人ひとりが主体的に考え、討論し、発表する活動を、タブレットやプレゼンテーションソフトの活用も含め、行っています。

  • 主体的な部活動

    中学校課程では週3回、全員加入の部活動を行います。短い時間で効果的に活動するにはどうすればよいのかを考えながら、生徒が中心になって主体的に活動しています。
    ○総合運動部 ○吹奏楽部
    ○総合探究部 ○茶道部
    ○卓球部

  • 価値観が変わる
    海外研修旅行

    本学では中学3年次と高校2年次に、7日~9日の海外研修旅行を実施しています。異文化にふれることで国際感覚を育むことを中心に、生徒の思考や考えに広がりを生み出すこと、英語の必要性を実感することなどを目的としています。

  • 実践的な難関大入試演習

    高校3年生で難関大学合格に必要な質と量ともに徹底した演習を行います。一人ひとり合格に必要な課題を見つけ、志望大学合格へと導きます。

3.ICTを活かしたその先の学びへ「アクティブ・ラーニングの推進」

アクティブ・ラーニングとは

現在、進行している教育改革の重要な柱の一つに「アクティブ・ラーニング(能動的学修)の充実」があります。新しい教育観である「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」は講義型の授業で身に付けることは難しいためです。
アクティブ・ラーニングの定義は多岐にわたりますが、今回の改革においてはおおむね「一方通行の講義的な伝達ではなく、生徒が主体性を持って他者と協働しながら問題を発見し解決の方向を探る学習」と言ってよいでしょう。
アクティブ・ラーニングはこれまでもグループ学習や調べ学習などの形で学校現場で行われてきました。本校でも授業に取り入れるのはもちろんですが、行事の前後にはテーマを決めてグループごとに情報を集めて考察し、ポスターにまとめて発表する「ポスターセッション」を行うなど、力を入れてきました。

ICTが促進するアクティブ・ラーニング

  • Wi-Fi完備
  • 1人1台 i-pad
  • Classi導入

アクティブ・ラーニング推進のためのICTの重要性はもはや常識となりつつあります。
本校では校舎全体にWi-Fiを完備し、全ての教室やスペースで1人1台のタブレット(iPad)を使用した活動を行うことができます。
また、ICTを活かす学習サポートシステムとしてクラッシー(ベネッセ)の導入により、効果的なアクティブ・ラーニングの推進が可能になっています。

ICTを正しく活用して論理的思考を会得

 社会科では、iPadを用いた地理の問題解説や、Googleマップを利用した授業を行っています。アクティブ・ラーニングの手法やICTの機器を有効に活用するには、基本的な論理的思考を身につけ、アクティブ・ラーニングで実践するという手順を踏むこと。これを実践することで、さらなる思考力が身につきます。積極的な学びができる熊倉さんには、「基本→実践」の中で成功も失敗もたくさん経験し、それを糧として一層成長してほしいです。

教務主任
赤井田 亮彦
[担当教科/社会]

自分の考えをまとめ、みんなとiPadで共有

 社会科の授業では、個人で発表する時にパワーポイントで資料を作ってプレゼンテーションを行いました。また、クラッシーを活用して自分やクラスメートの考えを共有したり、課題に対して理解を深めたりしています。ICTを使った授業は機器の操作やみんなとの意見交換など、通常の授業にはない楽しさがあります。積極的に学びたくなるし、内容にものめり込めるため、1つのことに対して考える力が身についてきたと感じます。

中学3年
熊倉 愛子
[伊達市立掛田小学校出身]

5.五感で学ぶ「豊富な行事&体験学習」

6年間で67泊91日の宿泊行事

本校では中学校課程の3年間で36泊50日、高校課程の3年間で31泊41日の宿泊行事があります。宿泊以外も含め、さまざまな鍛練的、運動的、文化的、探究的行事を通して、生徒は多くの経験を積み上げていきます。なかには失敗もありますが、そのときに、何がいけなかったのか、どうすれば良かったのかを深く考えることで主体的な姿勢が生まれ、友人と協働して困難を乗り越えることで大きな達成感を得ていきます。

中学校と高校の合同行事

中学校と高校の合同行事も中高一貫教育の強みです。学年を越えたつながりの中で、後輩は先輩の姿を通して自分の将来を見ることができ、また、先輩は後輩の模範としての自覚から、それぞれが大きく成長していきます。それぞれの経験をICT(タブレット等を用いた情報通信技術)を活用して記録に残していく(=キャリアパスポート・e-ポートフォリオ)ことで、自己の成長を振り返ることを可能にし、大きな成果へとつなげていきます。

  • オリエンテーション合宿中1
    学校生活に慣れるため、豊かな自然の中で相互理解・社会性を育む
    自然と触れ合いながら散策を行ったり、みんなで力を合わせて貼り絵を完成させる共同作業で多くの気付きと達成感が生まれます。
  • 強 歩中1~高3
    鍛練することで、助け合い・思いやり・達成感を得る。
    中1から高3まで縦割りのグループで30km余りの距離を歩きます。互いに助け合い自分の限界に挑戦していきます。
  • 臨海教室中1
    生態系の観察、自然の中のレクリエーションを通して、集団生活をする。
    泳力訓練やレスキュー体験など海岸での活動を楽しみながら、集団の中での自分の役割や助け合いの心を学びます。
  • 立志式中1~中3
    志を持つ意義を理解し、自分自身を律する
    中学3年生が高校課程へ進む時期に、教員、下級生、保護者立会いのもと、これからの自分のあり方について述べます。
  • 尾瀬学習・燧ケ岳登山中1
    忍耐力・自己責任・助け合い・郷土愛・達成感を得る。
    尾瀬沼の山小屋に宿泊し、東北最高峰の燧ケ岳登山や星座観測を行います。
  • 林間教室中2
    自然の中で活動し、生きる力を鍛える。
    林間教室ではテント設置や自炊を経験するとともに、登山、沢のぼり、星座観測などを行います。
  • 学習合宿中1~高3
    学ぶことに対する意識付けをし、刻苦勉励・自分との戦いを実践する。
    起床から就寝まで学習中心の生活をします。普段より長い授業時間や夜間の自学自習は、じっくりと深く学習に取り組むことができ、自分の限界を押し上げるきっかけとなります。
  • スキー教室中1・中2・高1
    集団生活でウインタースポーツに親しむ。
    東北の魅力の一つであるウインタースポーツに親しみながら、スキー技術の向上をめざします。また、スキーリゾーターとしての態度やマナー、環境論についても学習します。
  • 4

    • ●中高一貫対面式[中1~高3]
    • ●オリエンテーション合宿[中1](2泊3日)
  • 5

    • ●スポーツ大会[中1~3]
    • ●強歩[中1~高3]
  • 6

    • ●学校茶道[中1~高3]
    • ●教育講演会[中1~高3]
  • 7

    • ●臨海教室[中1](2泊3日)
    • ●職場体験[中3](5日間)
  • 8

    • ●登山[中3~高3](安達太良山、磐梯山など)
    • ●学習合宿[中1~高3]
    • ●立志式[中1~3]
    • ●東京大オープンスクール[高1]
    • ●東京大学見学[中2]
  • 9

    • ●尾瀬学習・燧ケ岳登山[中1](2泊3日)
    • ●受験ガイダンス[高3]
    • ●合唱祭・桃李祭[中1~高3]
      ※1年おきに実施
    • ●林間教室[中2](1泊2日)
    • ●国際理解教育講演会[中1~高3]
    • ●大学見学研修会[中3]
  • 10

    • ●校内競技大会[中1~高3]
    • ●芸術鑑賞教室[中1~高3]
    • ●学校茶道[中1~高3]
  • 11

    • ●海外研修旅行[高2](5泊7日)
    • ●養護学校交流[中2]
  • 12

    • ●弁論・ディベート大会[中1~3]
    • ●大学入学共通テスト対策合宿[高3]
    • ●スポーツ大会[中1~3]
  • 1

    • ●大学入学共通テスト激励会[中1~高3]
  • 2

    • ●スキー教室[中1・2・高1]
    • ●海外研修旅行事前発表会[中1~3]
  • 3

    • ●海外研修旅行[中3](7泊9日)
    • ●海外研修旅行報告会[中3]
    • ●教育講演会[中1~高2]
    • ●学習合宿[中1~高2]
    • ●受験報告会[中1~高3]

挑戦と成功の繰り返しで自信と精神力が身につく

 どの行事にも、生徒たちがあきらめずに取り組むことで越えられる「ハードル」を設定しています。そのハードルを乗り越え続けることで、成功体験を増やして自信をつけ、さらにどんな困難にも挑戦し続ける精神力を身につけてほしいです。鈴木くんはリーダーシップを発揮し、挑戦を続けていますね。その姿勢に感心しています。今後もそのチャレンジ精神で、自分の可能性を追求していってください。

中学校主幹
志田 拓朗
[担当教科/保健体育]

みんなと協力・団結し困難を克服した尾瀬登山

 1年次に学年代表のHR長になり、多くの行事でリーダーとして活動しました。人前に立つ機会を多く経験するだけでなく、みんなをまとめる方法を考え行動することで、リーダーシップを養えたと思います。中でも思い出深い行事が、東北最高峰を目指す尾瀬・燧ヶ岳登山。一人ひとりの体力の差で登山のつらさが変わりますが、みんなと助け合い、協力することで苦労を乗り越えられる喜びや、団結することの大切さを学びました。

中学2年
鈴木 壮大
[新潟市立万代長嶺小学校出身]

5.グローバル社会へ羽ばたく「国際教育」

情報技術や交通の飛躍的発達によりグローバル化の進展はとどまることはありません。ボーダーレス化しつつある世界の中で、現在の子どもたちのほとんどは異文化の人々と自然にコミュニケーションをとり、共に働いたりすることでしょう。本校では国際理解教育を推進し、グローバル社会で活躍するための基礎作りを行っています。もちろん語学力も大切ですが、それ以前に人として異文化を理解する心や柔軟に考える力が必要だと考えます。

様子

国際理解講演会

  • チベット声楽家
    バイマー・ヤンジン先生

    「チベットと日本、
    異文化を超えて」

  • NPO法人
    アジアチャイルドサポート代表理事
    池間哲郎先生

    「懸命に生きる人々
    ー日本人にこそ学んで欲しい」

  • 特定非営利活動法人
    地球のステージ代表理事
    桑山 紀彦先生

    「地球のステージ」

海外研修旅行

中学3年生

カナダ(ビクトリア、バンクーバー)
英語でのプレゼンテーション、日本文化体験交流、一人1家庭のホームステイ など

高校2年生

カンボジア(シェムリアップ)・ベトナム(ホーチミン)
ベトナムからの留学生との交流(事前学習)、小学校訪問、日本文化体験交流 など

実践的英語力の育成

全員が実用英語技能検定を受験し中学校課程での2級取得を目標にしています。高校生では準1級を取得する生徒も出ています。また、TOEFL Primalyを受験し、世界基準を意識した英語力の育成を行っています。

リベラルアーツ教育の推進

教育におけるリベラルアーツとは、「生きた、実践的な教養」を意味します。これまでの学力観では、正解を出せる人が評価されてきました。しかし現実の社会で起こっていることは、一つの正解を見いだすことが難しい問題ばかりです。グローバル社会の中では、民族も宗教も違う人たちが「自分の考えは正しい」と信じて争っています。そこでは「ひとつの正解」よりも「多様性の理解」がとても大切になり、そのためには自分のマインドで考え、自分のハートで感じ、自主的に判断し行動することが求められます。
リベラルアーツを咀嚼し、自分のものとして消化することで広い視野や独自の視点を獲得し、人生がより深く意義のあるものとなる、それこそが「生きる力」と言えるのではないでしょうか。

◆ 茶道教育

茶道 様子

国際社会においては異文化を理解することはもちろん、自文化を伝えていくことも大切です。本校では裏千家助教授を講師に、敷地内の茶室「自蹊庵」にて6年間、茶道教育を実施し伝統文化継承の意識と礼儀作法を学びます。

◆ 芸術・文化体験

作品に触れ、メッセージを汲み取る力=想像力を鍛えることで感性が磨かれていきます。大切なのは「本物」に触れることです。それを見て何を感じ、想像が広がるのか今まで知識として知っていたことが、経験とリンクし、単なる知識が知恵になっていきます。

芸術鑑賞様子

国際感覚を伸ばし実践力を獲得する

 本校で養ってほしい国際感覚は、自尊心、他者の受容、平和と正義の追求、人としての連帯感、そして自然と生命に対する畏敬の5つです。真誠くんには、これらを身につけた上で社会の中での実践も意識してほしい。社会参加をする中で、体験を通してしか獲得できない能力がたくさんあります。問題解決能力や情報活用能力、想像力、コミュニケーション能力など、実践で必要となる力を肌で感じ、卒業後も伸ばし続けてほしいです。

高校1学年主任
秋元 佑介
[担当教科/外国語(英語)]

英会話に自信が持てたカナダの研修旅行

  一番思い出深いのは、セント・アンドリュース・リージョナルスクールでの交流です。学びの成果を発揮する場として臨みましたが、実際に自分の英語が同年代の生徒に通じ、楽しく会話できたことが嬉しかったです。おかげで自分の英語力に自信が持て、将来海外で働きたいという希望が大きくなりました。また研修旅行を通して、国際性とは母国に誇りを持ちつつ外国の異文化を理解し敬うことだと、経験を通して理解できました。

高校1年
二瓶 真誠
[伊達市立富成小学校出身]