福島成蹊中学校・高等学校 福島成蹊中学校・高等学校

HOME

教育内容

国際理解教育

教育内容

国際理解教育
Overseas Training

情報技術や交通の飛躍的発達によりグローバル化の進展はとどまることはありません。ボーダーレス化しつつある世界の中で、現在の子どもたちのほとんどは異文化の人々と自然にコミュニケーションをとり、共に働いたりすることでしょう。 本校では国際理解教育を推進し、グローバル社会で活躍するための基礎作りを行っています。もちろん語学力も大切ですが、それ以前に人として異文化を理解する心や柔軟に考える力が必要だと考えます。

茶道 様子

国際理解講演会

  • TBSアナウンサー
    秋沢淳子先生

    「今だからこそ、
    あえて冒険してみよう
    ~imagine,take action!~」

  • チベット声楽家
    バイマー・ヤンジン先生

    「チベットと日本、
    異文化を超えて」

  • NPO法人
    アジアチャイルドサポート代表理事
    池間哲郎先生

    「懸命に生きる人々
    ー日本人にこそ学んで欲しい」

海外研修旅行

中学3年生

カナダ(ビクトリア、バンクーバー)
英語でのプレゼンテーション、日本文化体験交流、一人1家庭のホームステイ など

高校2年生

カンボジア(シェムリアップ)・ベトナム(ホーチミン)
ベトナムからの留学生との交流(事前学習)、小学校訪問、日本文化体験交流 など

Challenge Voice

ベトナム・カンボジア研修を経て

国境を越え人種を超え、たくさんの人とふれあい、いろいろなものを見た研修旅行。自分の視野はまだまだ浅いと思い知らされた経験でした。広い視野、広い興味を持つことの大切さ、大学での留学や海外で働くことなども考えるようになりました。そのためにも、英語をもっと勉強し、たくさんの人との確かな会話を目指していきたいです。

高校3年 黒澤 颯
[二本松市立原瀬小学校出身]

実践的英語力の育成

全員が実用英語技能検定を受験し中学校課程での2級取得を目標にしています。高校生では準1級を取得する生徒も出ています。また、TOEFL Primalyを受験し、世界基準を意識した英語力の育成を行っています。

リベラルアーツ教育の推進

 教育におけるリベラルアーツとは、「生きた、実践的な教養」を意味します。これまでの学力観では、正解を出せる人が評価されてきました。しかし現実の社会で起こっていることは、一つの正解を見いだすことが難しい問題ばかりです。グローバル社会の中では、民族も宗教も違う人たちが「自分の考えは正しい」と信じて争っています。そこでは「ひとつの正解」よりも「多様性の理解」がとても大切になり、そのためには自分のマインドで考え、自分のハートで感じ、自主的に判断し行動することが求められます。
 リベラルアーツを咀嚼し、自分のものとして消化することで広い視野や独自の視点を獲得し、人生がより深く意義のあるものとなる、それこそが「生きる力」と言えるのではないでしょうか。

◆ 茶道

茶道 様子

国際社会においては異文化を理解することはもちろん、自文化を伝えていくことも大切です。本校では裏千家助教授を講師に、敷地内の茶室「自蹊庵」にて6年間、茶道教育を実施し伝統文化継承の意識と礼儀作法を学びます。

◆ 芸術・文化体験

作品に触れ、メッセージを汲み取る力=想像力を鍛えることで感性が磨かれていきます。大切なのは「本物」に触れることです。それを見て何を感じ、想像が広がるのか今まで知識として知っていたことが、経験とリンクし、単なる知識が知恵になっていきます。

茶道 様子

Challenge Voice

リベラルアーツによる成長

仙台フィルハーモニー管弦楽団によるオーケストラを聴きに、音楽堂へ。このリベラルアーツが一番、心に残っています。どの芸術文化体験も、友人と一緒に体験でき、感動を共有できるところが好き。また、美術館で見た絵画を思い出しつつ作品に取り入れるなど、今までの自分にない創作の方法を見い出せたことも成長だと思います。

中学2年 熊倉 愛子
[伊達市立掛田小学校出身]